WebAssembly.Module

WebAssembly.Module オブジェクトには、ブラウザーでコンパイルされたステートレスな WebAssembly コードが含まれています。これを効率的にワーカー間で共有したり、複数回インスタンス化したりすることができます。

コンストラクター

WebAssembly.Module()
新しい Module オブジェクトを生成します。

静的プロパティ

WebAssembly.Module.customSections()
Module と文字列を指定すると、モジュール内の与えられた文字列を名前に持つ全てのカスタムセクションの内容を返します。
WebAssembly.Module.exports()
Module を指定すると、エクスポート宣言の情報を配列として返します。
WebAssembly.Module.imports()
Module を指定すると、インポート宣言の情報を配列として返します。

コンパイル済みのモジュールをワーカーに送信

以下の例では (GitHub 上の index-compile.html およびライブ表示も参照してください)、読み込まれた simple.wasm のバイトコードを WebAssembly.compileStreaming() メソッドでコンパイルし、結果の Module インスタンスをワーカーへ、 postMessage() を使用して送信します。

var worker = new Worker("wasm_worker.js");

WebAssembly.compileStreaming(fetch('simple.wasm'))
.then(mod =>
  worker.postMessage(mod)
);

ワーカー内では (wasm_worker.js を参照)、モジュールを使用するための import オブジェクトを定義し、メインスレッドからモジュールを受け取るためのイベントハンドラーをセットアップします。モジュールを受け取ったら、 WebAssembly.instantiate() メソッドを使ってインスタンスを作成し、その中からエクスポートされた関数を呼び出します。

var importObject = {
  imports: {
    imported_func: function(arg) {
      console.log(arg);
    }
  }
};

onmessage = function(e) {
  console.log('module received from main thread');
  var mod = e.data;

  WebAssembly.instantiate(mod, importObject).then(function(instance) {
    instance.exports.exported_func();
  });
};

仕様書

仕様書
WebAssembly JavaScript Interface
WebAssembly.Module() の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報