XSLT: 拡張可能なスタイルシートの言語変換

ドキュメント

Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT)XML ベースの言語で、XML 文書の変換をするために特別な処理ソフトウェア (プロセッサー) とともに利用されます。

この処理は「変換」と呼ばていれますが、元の文書は変更されません。この「変換」ではまず、新しい XML 文書が元の文書の内容をもとに作成され、プロセッサーによってそのまま、もしくは標準 XML や HTML やテキストなどの形式でシリアライズ (出力) されます。

XSLT は異なる XML スキーマ間でのデータの変換や、XML データからウェブページや PDF 文書への変換に最も使われています。

XSLT 要素リファレンス
リファレンスです。
XSLT を使った XML 変換
XSLT を使うと、スタイルシートの制作者は、元の XML 文書を二つの重要な手法で変換できます。すなわち、コンテンツの操作・選別(もしお望みならば大規模な並べ替えも含まれます)および、異なる形式への変換です。
Mozilla JavaScript インターフェイスから XSLT を使う
Mozilla 1.2 以降の JavaScript から XSLT 処理エンジンへのインターフェイスを説明します。
処理命令を使った引数の指定
Firefox では <?xml-stylesheet?> 処理指令を使ってスタイルシートの引数を指定することができます。各引数は <?xslt-param?> 処理指令によって指定でき、この文書ではこれらを説明しています。
XSLT チュートリアル
この W3Schools のチュートリアルでは、XML 文書を他の XHTML のような形態に変換するために、どのように XSLT を用いればいいのかを示します。
XSLT とは?
この XSLT と XPath についての強力な導入では、技術についての予備知識が無い読者を想定して、背景、前後関係、構造、コンセプト、用語紹介を含めたガイドを提供します。
一般的な XSLT エラー
この記事は Firefox で XSLT を使う際の問題点を列挙しています。