DOMParser

DOMParser インターフェイスは、 XMLHTML ソースコードを文字列から DOM の Document に解釈する機能を提供します。

注: XMLHttpRequest は URL で指すことができるリソースから直接 XML や HTML を解釈することができ、 Documentresponse プロパティでを返します。

XMLSerializer インターフェイスを使い、DOM ツリーを XML もしく HTML ソースに転換する、逆の操作を行うことができます。

HTML 文書の場合、Element.innerHTML や outerHTML プロパティの値を設定することで、HTML から構築された新しい DOM ツリーに一部分を置き換えることもできます。DOM のサブツリーに対応した HTML の要素を取り込むために、これらのプロパティを読み込むことも可能です。

構文

let domparser = new DOMParser()​​

メソッド

DOMParser.parseFromString()

構文

let doc = domparser.parseFromString(string, mimeType)

返値

mimeType 引数に依存した Document もしくは XMLDocument

引数

このメソッドには 2 つの引数があります (両方とも必須):

string
DOMString にパースされます。HTMLxmlxhtml+xml もしくは svg 文書が含まれなければなりません。
mimeType

DOMString。この文字列はメソッドの戻り値のクラスを決定します。メソッドの戻り値は下記の通りです:

mimeType doc.constructor
text/html Document
text/xml XMLDocument
application/xml XMLDocument
application/xhtml+xml XMLDocument
image/svg+xml XMLDocument

XML のパース

パーサーオブジェクトを作成すると、parseFromString() メソッドを用いて 文字列から XML をパースすることができます:

let parser = new DOMParser()
let doc = parser.parseFromString(stringContainingXMLSource, "application/xml")

エラーのハンドリング

現在は、パース処理に失敗した場合、DOMParser は例外をスローせず、代わりにエラー文書を返すという点に注意して下さい:

<parsererror xmlns="http://www.mozilla.org/newlayout/xml/parsererror.xml">
  (error description)
  <sourcetext>(a snippet of the source XML)</sourcetext>
</parsererror>

パースエラーは、ソースのエラー同様、エラーコンソール にもエラーの発生した文書の URI (後述) とともに表示されます。

SVG および HTML 文書のパース

DOMParser は SVG 文書のパース (Firefox 10.0 / Thunderbird 10.0 / SeaMonkey 2.7)、そして HTML 文書のパース (Firefox 12.0 / Thunderbird 12.0 / SeaMonkey 2.9) にも用いることができます。指定された MIME type によって 3 つの異なる結果となります。

  1. MIME type が text/xml の場合、XMLDocument が返されます。
  2. MIME type が image/svg+xml の場合、SVGDocument が返されます。
  3. MIME type が text/html の場合、HTMLDocument が返されます。
let parser = new DOMParser()
let doc = parser.parseFromString(stringContainingXMLSource, "application/xml")
// Document を返しますが、 SVGDocument でも HTMLDocument でもありません

parser = new DOMParser();
doc = parser.parseFromString(stringContainingSVGSource, "image/svg+xml")
// SVGDocument を返しますが、これも Document です。

parser = new DOMParser();
doc = parser.parseFromString(stringContainingHTMLSource, "text/html")
// HTMLDocument を返しますが、これも Document です。

DOMParser HTML 拡張機能

/*
 * DOMParser HTML extension
 * 2012-09-04
 *
 * By Eli Grey, http://eligrey.com
 * Public domain.
 * NO WARRANTY EXPRESSED OR IMPLIED. USE AT YOUR OWN RISK.
 */

/*! @source https://gist.github.com/1129031 */
/*global document, DOMParser*/

(function(DOMParser) {
	"use strict";

	var proto = DOMParser.prototype,
	nativeParse = proto.parseFromString;

	// Firefox/Opera/IE throw errors on unsupported types
	try {
		// WebKit returns null on unsupported types
		if ((new DOMParser()).parseFromString("", "text/html")) {
			// text/html parsing is natively supported
			return;
		}
	} catch (ex) {}

	proto.parseFromString = function(markup, type) {
		if (/^\s*text\/html\s*(?:;|$)/i.test(type)) {
			var doc = document.implementation.createHTMLDocument("");
				if (markup.toLowerCase().indexOf('<!doctype') > -1) {
					doc.documentElement.innerHTML = markup;
				} else {
					doc.body.innerHTML = markup;
				}
			return doc;
		} else {
			return nativeParse.apply(this, arguments);
		}
	};
}(DOMParser));

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
DOM parsing の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報