FileSystem

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

File and Directory Entries API インターフェイスの FileSystem は、ファイルシステムを表現するために使用されます。これらのオブジェクトは、任意のファイルシステムエントリの filesystem プロパティから取得できます。ブラウザによっては、ファイルシステムを作成・管理するための追加の API を提供しているものもあり、例えば Chrome の requestFileSystem() メソッドのようなものがあります。

このインターフェイスは、ユーザーのファイルシステムへのアクセスを許可しません。その代わり、ブラウザのサンドボックス内に「仮想ドライブ」が存在します。ユーザーのファイルシステムにアクセスするには、Chrome 拡張機能をインストールするなどしてユーザーを呼び出す必要があります。関連する Chrome API はこちらを参照してください。

基本コンセプト

FileSystem オブジェクトにアクセスするには、2つの方法があります。

  1. window.requestFileSystem() を呼び出すことで、Web アプリのためだけに作成されたサンドボックス化されたファイルシステムを直接要求することができます。その呼び出しが成功した場合、コールバックハンドラが実行され、ファイルシステムを記述する FileSystem オブジェクトをパラメータとして受け取ります
  2. ファイルシステムエントリオブジェクトの filesystem プロパティから取得できます

プロパティ

FileSystem.name 読取専用
ファイルシステム名を表す USVString。この名前は、公開されたファイルシステムのリスト全体の中で一意です。
FileSystem.root 読取専用
ファイルシステムのルートディレクトリを表す FileSystemDirectoryEntry オブジェクト。このオブジェクトを使用すると、ファイルシステム内のすべてのファイルとディレクトリにアクセスすることができます。

仕様

仕様書 ステータス コメント
File and Directory Entries API
FileSystem の定義
ドラフト

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

あわせて参照