WebAssembly.Table.prototype.grow()

grow()WebAssembly.Table オブジェクトのプロトタイプメソッドで、指定された要素数でテーブルを拡張します。

構文

table.grow(number);

引数

number
テーブルを拡張する要素数。

返値

以前のテーブルの長さ。

例外

もし grow() 操作が何かしらの理由で失敗した場合、RangeError をスローします。

次の例では、初期サイズが2で最大サイズが10の WebAssembly Table を作成しています。

var table = new WebAssembly.Table({ element: "anyfunc", initial: 2, maximum: 10 });

次のようにすることで、テーブルのサイズを1拡張することができます:

console.log(table.length);   // "2"
console.log(table.grow(1));  // "2"
console.log(table.length);   // "3"

仕様書

仕様書
WebAssembly JavaScript Interface
grow() の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報