DOMTokenList インターフェイスの remove() メソッドは、リストから指定されたトークンを削除します。

構文

tokenList.remove(token1[, token2[, ...]]);

引数

tokenN...
リストから削除したいトークンを表す DOMString です。リストに文字列がない場合、エラーはスローされず、何も起こりません。

返値

なし。

以下の例では、 <span> 要素に設定されたクラスのリストを、 Element.classList を使って DOMTokenList として受け取ります。それからリストからトークンを削除し、 <span>Node.textContent の中にリストを書き込みます。

最初に HTML です。

<span class="a b c"></span>

そして JavaScript です。

var span = document.querySelector("span");
var classes = span.classList;
classes.remove("c");
span.textContent = classes;

出力結果は以下のようになります。

複数のクラスを一度に削除するには、複数のトークンを提供するだけです。提供する順序は、リスト中に出現する順序と一致している必要はありません。

let span = document.getElementsByTagName("span")[0],
  classes = span.classList;

classes.remove("c", "b");
span.textContent = classes;

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
DOM
remove() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
removeChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 10Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09
最終更新者: mdnwebdocs-bot,