FormData

FormData インターフェイスは、XMLHttpRequest.send() メソッドを用いることで簡単に送信が可能な、フォームフィールドおよびそれらの値から表現されるキーと値のペアのセットを簡単に構築する手段を提供します。これは、エンコーディングタイプを "multipart/form-data" に設定した場合にフォームが使用するものと同じ形式を使用します。

FormData を実装したオブジェクトは、entries() の代わりに for...of 構造の内部で直接使用できます。for (var p of myFormData)for (var p of myFormData.entries()) と等価です。

注記: この機能は Web Workers で使用できます。

コンストラクタ

FormData()
新しい FormData オブジェクトを作成します。

メソッド

FormData.append()
FormData オブジェクト内の既存のキーに新たな値を追加するか、キーが存在しない場合はキーを追加します。
FormData.delete()
FormData オブジェクトからキーと値のペアを削除します。
FormData.entries()
オブジェクトに含まれているすべてのキーと値のペアを走査できるようにするため、iterator を返します。
FormData.get()
FormData オブジェクトから、指定したキーに関連付けられた最初の値を返します。
FormData.getAll()
FormData から、指定したキーに関連付けられたすべての値の配列を返します。
FormData.has()
FormData オブジェクトがあるキーと値のペアを持っているかを示す真偽値を返します。
FormData.keys()
オブジェクト内に存在するキーと値のペアから、すべてのキーを走査できるようにするための iterator を返します。
FormData.set()
FormData オブジェクト内の既存のキーに新たな値を設定するか、キーが存在しない場合はキーと値のペアを追加します。
FormData.values()
オブジェクト内に存在するキーと値のペアから、すべての値を走査できるようにするための iterator を返します。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
XMLHttpRequest
FormData の定義
現行の標準 XHR 仕様書で FormData を定義

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連文書