XMLHttpRequestEventTarget

XMLHttpRequestEventTarget は、XMLHttpRequest のイベントを処理するオブジェクトに実装できるイベントハンドラーを記述するインターフェイスです。

プロパティ

XMLHttpRequestEventTarget.onabort
リクエストが中止され、abort イベントがこのオブジェクトによって受信されたときに呼び出す関数が含まれています。
XMLHttpRequestEventTarget.onerror
リクエストでエラーが発生し、このオブジェクトが error イベントを受信したときに呼び出す関数が含まれています。
XMLHttpRequestEventTarget.onload
コンテンツのフェッチに成功した後にHTTPリクエストが返され、このオブジェクトが load イベントを受信したときに呼び出す関数が含まれています。
XMLHttpRequestEventTarget.onloadstart
HTTPリクエストが最初にデータの読み込みを開始し、loadstart イベントがこのオブジェクトによって受信されたときに呼び出される関数が含まれています。
XMLHttpRequestEventTarget.onprogress
リクエストの進行状況に関する情報とともに定期的に呼び出される関数が含まれ、progress イベントがこのオブジェクトによって受信されます。
XMLHttpRequestEventTarget.ontimeout
イベントがタイムアウトし、timeout イベントがこのオブジェクトによって受信された場合に呼び出される関数が含まれています。これは、XMLHttpRequest オブジェクトの timeout 属性の値を設定することによってタイムアウトが以前に確立されている場合にのみ発生します。
XMLHttpRequestEventTarget.onloadend
リクエストが失敗し、loadend イベントがこのオブジェクトによって受信された場合でも、ロードが完了したときに呼び出される関数が含まれています。

仕様書

仕様書 状態 備考
XMLHttpRequest 現行の標準 WHATWG living standard

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報