Array.prototype.concat()

concat() メソッドは、2つ以上の配列を結合するために使用します。このメソッドは既存の配列を変更せず、新しい配列を返します。

構文

const new_array = old_array.concat([value1[, value2[, ...[, valueN]]]])

引数

valueN 省略可
新しい配列に連結する配列や値です。すべての valueN 引数が省略された場合、 concat は呼び出された既存の配列のシャローコピーを返します。詳しくは下記の解説をお読みください。

返値

新しい Array インスタンス。

解説

concat は、メソッドを呼び出した this オブジェクトの要素に、与えられた引数の要素 (引数が配列である場合) または引数そのもの (引数が配列でない場合) が順に続く、新しい配列オブジェクトを生成します。

concatthis や引数として与えられた配列を変更しませんが、その代わりに元の配列から結合させた同じ要素のコピーを含むシャローコピー (1 次元の配列要素までの浅いコピー) を返します。元の配列の要素は以下のようにして新しい配列にコピーされます。

  • オブジェクトの参照 (実際のオブジェクトではなく): concat はオブジェクトの参照を新しい配列にコピーします。元の配列も新しい配列も同じオブジェクトを参照します。これはつまり、もし参照されているオブジェクトが修正されれば、その変更は元の配列と新しい配列の両方に現れるわけです。
  • 文字列や数値、真偽値 (String オブジェクトや Number オブジェクト、Boolean オブジェクトではなく): concat は文字列や数値の値を新しい配列にコピーします。

注: 連結した配列/値は元の配列には手を付けません。さらに、新しい配列へどんな操作をしても、元の配列には影響しません。逆もまた同様です(要素がオブジェクト参照ではない場合のみです)。

2 つの配列を連結させる

以下のコードは 2 つの配列を連結させます。

const letters = ['a', 'b', 'c'];
const numbers = [1, 2, 3];

letters.concat(numbers);
// result in ['a', 'b', 'c', 1, 2, 3]

3 つの配列を連結させる

以下のコードは 3 つの配列を連結させます。

const num1 = [1, 2, 3];
const num2 = [4, 5, 6];
const num3 = [7, 8, 9];

const numbers = num1.concat(num2, num3);

console.log(numbers);
// results in [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

配列に値を連結させる

以下のコードは配列に値を連結させます。

const letters = ['a', 'b', 'c'];

const alphaNumeric = letters.concat(1, [2, 3]);

console.log(alphaNumeric);
// results in ['a', 'b', 'c', 1, 2, 3]

ネストした配列を連結する

以下のコードはネストした配列同士を連結させます。また、元の配列からの参照を保持しています。

const num1 = [[1]];
const num2 = [2, [3]];

const numbers = num1.concat(num2);

console.log(numbers);
// results in [[1], 2, [3]]

// num1 の最初の要素を変更します
num1[0].push(4);

console.log(numbers);
// results in [[1, 4], 2, [3]]

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報