Array.isArray()

Array.isArray() メソッドは、渡された値が Array かどうかを判断します。

Array.isArray([1, 2, 3]);  // true
Array.isArray({foo: 123}); // false
Array.isArray('foobar');   // false
Array.isArray(undefined);  // false

構文

Array.isArray(value)

引数

value
チェックするオブジェクト。

返値

値が Array の場合は true です。そうでなければ  false を返します。

解説

値が Array の場合は true が返ります。それ以外の場合は false が返ります。

詳しくは、“Determining with absolute accuracy whether or not a JavaScript object is an array” を参照してください。TypedArray のインスタンスが与えられると、常に false が返されます。

Polyfill

次のコードを他のコードよりも前に記述する事により、ネイティブで実装されていなくても、Array.isArray() が使用可能になります。

if (!Array.isArray) {
  Array.isArray = function(arg) {
    return Object.prototype.toString.call(arg) === '[object Array]';
  };
}

// 以下の呼び出しはすべて true を返します
Array.isArray([]);
Array.isArray([1]);
Array.isArray(new Array());
Array.isArray(new Array('a', 'b', 'c', 'd'));
Array.isArray(new Array(3));
// あまり知られていないものの Array.prototype は配列です
Array.isArray(Array.prototype);

// 以下の呼び出しはすべて false を返します
Array.isArray();
Array.isArray({});
Array.isArray(null);
Array.isArray(undefined);
Array.isArray(17);
Array.isArray('Array');
Array.isArray(true);
Array.isArray(false);
Array.isArray({ __proto__: Array.prototype });

instanceofisArray

Array のインスタンスをチェックする際、Array.isArrayiframes で動作するので、instanceof よりも推奨されます。

var iframe = document.createElement('iframe');
document.body.appendChild(iframe);
xArray = window.frames[window.frames.length-1].Array;
var arr = new xArray(1,2,3); // [1,2,3]

// 配列を正しくチェックできます
Array.isArray(arr);  // true
// iframe を介して配列を正しくチェックできません
arr instanceof Array; // false

仕様

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報