Array.prototype.toSource()

非推奨

この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

toSource() メソッドは、配列のソースコードを表す文字列を返します。

構文

arr.toSource()

返値

配列のソースコードを表す文字列です。

解説

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Array オブジェクトにおいては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
    function Array() {
        [native code]
    }
    
  • Array のインスタンスにおいては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に toSource を呼び出すことで、配列の内容を調べることができます。

配列のソースコードを調べる

配列のソースコードを調べるには以下のようにします。

var alpha = new Array('a', 'b', 'c');

alpha.toSource();
// ['a', 'b', 'c'] が返る

仕様書

どの標準にも含まれていません。 JavaScript 1.3 で実装されました。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報