Firefox 66 は、米国時間 2019 年 3 月 19 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 66 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

  • ウェブコンソール のオートコンプリートのポップアップから、JavaScript の getter を実行できるようになりました (バグ 1499289)。
  • レスポンシブデザインモード で動作しなくなっていた、Window の alert()prompt()confirm() メソッドが再び動作するようになりました (バグ 1273997)。
  • コンソールの出力を右クリックして "表示メッセージをクリップボードにエクスポートする" を選択すると、コンソールの出力をクリップボードにコピーできます。

HTML

  • file: URL から読み込んだ UTF-8 エンコードされた HTML (およびプレーンテキスト) ファイルについて、<meta charset="utf-8"> または UTF-8 BOM がないものもサポートしました。このようなファイルをサーバーにアップロードする前に、ローカル環境で作業しやすくするためです。サーバーでは、このようなファイルに Content-Type HTTP ヘッダーで charset=utf-8 を送信しなければなりません。ローカルファイルで使用する検出方法は、ネットワーク環境の逐次読み込みで問題が発生します (バグ 1071816)。

廃止

CSS

SVG

変更なし。

廃止

JavaScript

変更なし。

API

API の追加と変更

  • Release 版の Firefox 66 を公開した後すみやかに、音声の自動再生がデフォルトでブロックされます (バグ 1487844。ロールアウトについては バグ 1535667 をご覧ください)。この機能は、すべてのユーザーへ段階的に適用されます。

DOM

DOM イベント

  • InputEvent.inputType プロパティを実装しました (バグ 1447239)。
  • Window.event および Event.returnValue プロパティ (元は IE の独自機能であり、互換性の理由でほかのブラザーもサポートしました) を、Firefox 66 で再導入しました。それぞれバージョン 63 や 64 で追加した後、互換性の問題で再び削除していました。
  • バージョン 66 より、keypress イベントオブジェクトの KeyboardEvent.keyCode プロパティが 0 であるとき、値が KeyboardEvent.charCode と同じになります。逆に charCode が 0 であるときは、keyCode と同じ値になります。このミラーリング動作はほかのブラウザーと一致しており、これに関連する互換性の問題のほとんどが解決すると思われます。ただし 一部の JavaScript ライブラリーで、ブラウザー検出によって新たな問題が発生する可能性があります。仕様書の用語では、split model から conflated model に切り替えました (UI Event 仕様書の How to determine keyCode for keypress events をご覧ください)。

メディア、Web Audio、WebRTC

  • 新しい AV1 動画コーデック を macOS および Windows (Intel プロセッサー用) で、デフォルトで有効にしました。Linux は Firefox 67 でサポートする予定です (バグ 1521181バグ 1452146バグ 1534814)。
  • MediaDevicesgetDisplayMedia() メソッド (navigator.mediaDevices.getDisplayMedia() として使用可能) を追加して、仕様書に一致させました。このメソッドは、スクリーンまたはスクリーンの一部を MediaStream として取得して、操作または共有できます (バグ 1321221)。
  • スクリーンやウィンドウの内容を取得するための、Firefox 独自の getUserMedia() に基づくメソッドを最終的に非推奨にする取り組みの一部として、非標準の mediaSource 定数を値 screen および window と同等に扱うようになりました。どちらも、ユーザーが選択するスクリーンやウィンドウのリストを提供します (バグ 1474376)。
  • ローカル出力の RTCRTPStreamStats オブジェクトに qpSum を追加しました。これは、ビデオトラックで送受信するすべてのフレームの量子化パラメーターの合計を表します。この値が高ければ、ストリームはより圧縮されていると考えられます (バグ 1347070)。
  • 将来の Firefox で Feature Policy をサポートするための取り組みで、コンテンツに適切なオリジンが存在しない状況では getUserMedia() を使用できなくなりました。例えばサンドボックス化された <iframe>、ユーザーがアドレスバーに入力した data URL から呼び出した場合です。詳しくは Security in MediaDevices.getUserMedia() をご覧ください (バグ 1371741)。

廃止

ネットワーク

セキュリティ

変更なし。

プラグイン

変更なし。

WebDriver conformance (Marionette)

API の変更点

  • 新しいブラウジングコンテキストを開く操作をサポートするため WebDriver:NewWindow を追加しました。ウィンドウまたはタブのいずれかを開くことができます (バグ 1504756)。
  • 指定した要素が現在のブラウジングコンテキストに含まれていない場合に、WebDriver:SwitchToFrameno such element エラーが発生するようになりました (バグ 1517196)。
  • WebDriver:ExecuteScript および WebDriver:ExecuteAsyncScript が、仕様書に準拠しない scriptTimeout 引数をサポートしないようになりました。代わりに WebDriver:SetTimeout または timeouts 機能を使用してください (バグ 1510929)。
    • さらに、不定のスクリプトタイムアウトをサポートしました (バグ 1128997)。
  • WebDriver:SetWindowRect が、応答でウィンドウの状態を返さないようになりました (バグ 1517587)。

バグ修正

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • type が "bookmark" である拡張機能のメニュー項目が、ブックマークサイドバー (Ctrl + B) およびライブラリーウィンドウ (Ctrl + Shift + B) にも表示されるようになりました (バグ 1419195)。

マニフェストの変更点

変更なし。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yyss, mdnwebdocs-bot
最終更新者: yyss,