PerformanceResourceTiming.initiatorType

initiatorType 読み取り専用プロパティは、パフォーマンスイベントを開始したリソースの種類を表す 文字列 です。

この文字列の値は次のとおりです:

  • initiator が Element の場合、このプロパティは要素の localName を返します
  • initiator が CSS リソースの場合、このプロパティは "css" を返します
  • initiator が XMLHttpRequest オブジェクトの場合、このプロパティは "xmlhttprequest" を返します
  • initiator が PerformanceNavigationTiming オブジェクトの場合、このプロパティは空の文字列 ("") を返します
註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

resource.initiatorType;

戻り値

上記で指定したように、パフォーマンスイベントを開始したリソースの種類を表す string

function print_PerformanceEntries() {
  // Use getEntriesByType() to just get the "resource" events
  var p = performance.getEntriesByType("resource");
  for (var i=0; i < p.length; i++) {
    print_initiatorType(p[i]);
  }
}
function print_initiatorType(perfEntry) {
  // Print this performance entry object's initiatorType value
  var value = "initiatorType" in perfEntry;
  if (value)
    console.log("... initiatorType = " + perfEntry.initiatorType);
  else
    console.log("... initiatorType = NOT supported");
}

仕様

仕様書 ステータス コメント
Resource Timing Level 1
initiatorType の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
initiatorTypeChrome 完全対応 43Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 40IE 未対応 なしOpera 完全対応 30Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 43Chrome Android 完全対応 43Firefox Android 完全対応 42Opera Android 完全対応 30Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,