<frame>

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

<frame> は、別の HTML 文書を表示できる個々の領域を定義する HTML 要素です。 frame 要素は <frameset> の内部で使用します。

パフォーマンスの問題やスクリーンリーダーを使用するユーザへのアクセシビリティの欠如といった欠点があるため、 <frame> 要素の使用は推奨されません。 <frame> 要素に代わり、 <iframe> を推奨します。

属性

他のすべての HTML 要素と同様に、この要素はグローバル属性を持ちます。

src
この属性は、フレームに表示する文書を指定します。
name
この属性は、フレームに名前をつけます。名前がなければ、すべてのリンクは自身が存在するフレーム – 直近の親フレームで開きます。詳しくは target 属性を参照してください。
noresize
この属性は、ユーザによるフレームのリサイズを抑止します。
scrolling
この属性は、スクロールバーの存在の有無を定義します。この属性を指定しない場合、ブラウザは必要なときにスクロールバーを表示します。設定できる値は二つです。 "yes" は不要なときでもスクロールバーを表示します。 "no" は必要なときでもスクロールバーを表示しません。
marginheight
この属性は、フレーム間のマージンの高さを定義します。
marginwidth
この属性は、フレーム間のマージンの幅を定義します。
frameborder
この属性で、フレームにボーダーを設定できます。

<frameset cols="50%,50%">
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/iframe" />
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/frame" />
</frameset>

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報