Error.prototype.name

name プロパティは、エラーの種類の名称を表します。初期値は "Error" です。

解説

既定で Error インスタンスには "Error" という名称が与えられます。 name プロパティは message プロパティに加えて、 Error の文字列表現を生成するため、Error.prototype.toString() メソッドにより使用されます。

独自のエラーを発生させる

var e = new Error('Malformed input'); // e.name は 'Error'

e.name = 'ParseError';
throw e;
// e.toString() would return 'ParseError: Malformed input'

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Error.prototype.name の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
nameChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 6Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報