非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() メソッドは、同じエラーを評価できるコードを返します。

構文

e.toSource()

戻り値

エラーのソースコードを含む文字列。

説明

Error インスタンス (NativeErrors を含む) の toSource メソッドを呼び出すと、エラーのソースコードを含む文字列を返します。この文字列を評価して (ほぼ) 等しいオブジェクトを生成できます。通常、この文字列には、Error コンストラクターの構造に続けてソースが含まれます。例えば:

(newname(message ,fileName,lineNumber))

これらの属性は、それぞれのエラーインスタンスの各属性に相当します。

注記: この文字列の生成で toSource メソッドにより使用されるプロパティは変更可能であり、エラーインスタンスの生成に使用された関数、または実際にエラーが起こった場所のファイル名、行番号を正確に反映しない可能性があることに注意してください。

仕様

仕様の一部ではありません。JavaScript 1.3 で実装。

ブラウザーの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toSource
非標準
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 完全対応 1IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 4Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yumetodo, mdnwebdocs-bot, teoli, Marsf, shide55
最終更新者: yumetodo,