Number.isNaN()

Number.isNaN() メソッドは、渡された値が NaN であり、かつその型が Number であるかどうかを判断します。元となるグローバルの isNaN() よりも堅牢な版です。

構文

Number.isNaN(value)

引数

value
NaN かどうかテストされる値です。

返値

与えられた値が NaN であり、かつその型が Number である場合は true、それ以外の場合は false です。

解説

===== の等価演算子ではどちらも、 NaNNaN であるかどうかを検査すると false と評価されてしまうため、 Number.isNaN() 関数が必要となります。この状況は、 JavaScript においてあり得る他のすべての値の比較と異なります。

グローバルの isNaN() 関数とは異なり、 Number.isNaN() は強制的に引数が数値に変換される問題の影響をうけません。これは、通常 NaN に変換されるが実際には NaN ではない値が、安全に渡されることを意味します。つまりこの関数は、数値型であり、かつ NaN である値が渡されたときのみ、 true を返すということです。

isNaN の使用

Number.isNaN(NaN);        // true
Number.isNaN(Number.NaN); // true
Number.isNaN(0 / 0);      // true

// たとえば、以下の値を isNaN() グローバル関数に渡すと true が返される
Number.isNaN('NaN');      // false
Number.isNaN(undefined);  // false
Number.isNaN({});         // false
Number.isNaN('blabla');   // false

// 以下はすべて false を返す
Number.isNaN(true);
Number.isNaN(null);
Number.isNaN(37);
Number.isNaN('37');
Number.isNaN('37.37');
Number.isNaN('');
Number.isNaN(' ');

ポリフィル

以下の例が動作するのは、 NaN が JavaScript で唯一、自分自身と比較して等しくない値だからです。

Number.isNaN = Number.isNaN || function isNaN(input) {
    return typeof input === 'number' && input !== input;
}

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報