TypedArray.prototype.toLocaleString()

toLocaleString() メソッドは、型付き配列の要素を表す文字列を返します。要素は文字列に変換され、ロケール固有の文字列 (カンマ "," など) で区切られます。このメソッドは Array.prototype.toLocaleString() と同じアルゴリズムを持ち、型付き配列の要素は数値なので、各要素に対して Number.prototype.toLocaleString() と同じアルゴリズムが適用されます。ここで TypedArray型指定された配列型の1つです。

構文

typedarray.toLocaleString([locales [, options]]);

引数

localesoptions の引数は、関数の動作をカスタマイズし、アプリケーションがフォーマット規則を使用する言語を指定できるようにします。 localesoptions の引数を無視する実装では、使用されるロケールと返される文字列の形式は完全に実装に依存します。

これらの引数の詳細および使用方法については、 Intl.NumberFormat() コンストラクターを参照してください。

返値

型付き配列の要素を表す文字列。

toLocaleString の使用

var uint = new Uint32Array([2000, 500, 8123, 12, 4212]);

uint.toLocaleString(); 
// if run in a de-DE locale
// "2.000,500,8.123,12,4.212"

uint.toLocaleString('en-US');
// "2,000,500,8,123,12,4,212"

uint.toLocaleString('ja-JP', { style: 'currency', currency: 'JPY' });
// "¥2,000,¥500,¥8,123,¥12,¥4,212"

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
TypedArray.prototype.toLocaleString の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toLocaleStringChrome 完全対応 7Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 51IE 完全対応 10Opera 完全対応 11.6Safari 完全対応 5.1WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 51Opera Android 完全対応 12Safari iOS 完全対応 5Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.10

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報