String.prototype.toLocaleLowerCase()

toLocaleLowerCase() メソッドは、呼び出した文字列の値を、ロケールに依存した対応付けに基づいて小文字にに変換して返します。

構文

str.toLocaleLowerCase()
str.toLocaleLowerCase(locale) 
str.toLocaleLowerCase([locale, locale, ...])

引数

locale Optional
locale 引数は、ロケールに依存した対応に基づいた小文字への変換に使用されるロケールを示します。複数のロケールが Array で与えられた場合は、利用可能な最良のロケールが使用されます。既定のロケールはホスト環境の現在のロケールです。

返値

呼び出した文字列をロケールに依存した対応に基づいて小文字に変換したものを表す新しい文字列です。

例外

  • A RangeError ("invalid language tag: xx_yy") は locale 引数が妥当な言語タグでない場合に発生します。
  • A TypeError ("invalid element in locales argument") は、配列の要素が文字列型でなかった場合に発生します。

解説

toLocaleLowerCase() メソッドは、ロケール固有の大文字小文字の対応付けに従って小文字に変換された文字列の値を返します。 toLocaleLowerCase() はその文字列自体に影響を与えません。ほとんどの場合は toLowerCase() と同じ結果が得られますが、トルコ語のように大文字小文字のマッピングが Unicode 既定の大文字小文字のマッピングに従っていないロケールの場合は、異なる結果が得られる可能性があります。

toLocaleLowerCase() の使用

'ALPHABET'.toLocaleLowerCase(); // 'alphabet'

'\u0130'.toLocaleLowerCase('tr') === 'i';    // true
'\u0130'.toLocaleLowerCase('en-US') === 'i'; // false

let locales = ['tr', 'TR', 'tr-TR', 'tr-u-co-search', 'tr-x-turkish'];
'\u0130'.toLocaleLowerCase(locales) === 'i'; // true

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
String.prototype.toLocaleLowerCase の定義
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)
String.prototype.toLocaleLowerCase の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toLocaleLowerCaseChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 5.5Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1.3WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100
localeChrome 完全対応 58Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 55IE 完全対応 6Opera 完全対応 45Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 58Chrome Android 完全対応 58Firefox Android 完全対応 55Opera Android 完全対応 43Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 7.0nodejs 完全対応 13.0.0
完全対応 13.0.0
部分対応 0.12
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. When other locales are specified, the function silently falls back to en-US. To make full ICU (locale) data available for versions prior to 13, see Node.js documentation on the --with-intl option and how to provide the data.

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報