RegExp.prototype[@@split]()

[@@split]() メソッドは、文字列を部分文字列に区切ることによって、 String オブジェクトを文字列の配列に分割します。

構文

regexp[Symbol.split](str[, limit])

引数

str
分割操作の対象。
limit 省略可

検出される分割数の制限を指定する整数。 [@@split]() メソッドは、 this RegExp パターン (または上記の構文では regexp) に一致するたびに、分割項目の数が limit と一致するか、文字列が this パターンを満たなくなるまで、分割を行います。

返値

要素として部分文字列を含む Array

解説

このメソッドは String.prototype.split() の内部で、 separator 引数が @@split メソッドを持つオブジェクト、たとえば RegExp オブジェクトだった場合に呼び出されます。たとえば、次の 2 つの例は同じ結果を返します。

'a-b-c'.split(/-/);

/-/[Symbol.split]('a-b-c');

このメソッドは、RegExp のサブクラスで split() の動作をカスタマイズするために存在します。

直接呼出し

this の扱いと引数の並び順を除いて、このメソッドは String.prototype.split() とほとんど同じように使用できます。

let re = /-/g;
let str = '2016-01-02';
let result = re[Symbol.split](str);
console.log(result);  // ["2016", "01", "02"]

サブクラスで @@split を使用する

既定の動作を修正するために、RegExp のサブクラスで [@@split]() メソッドをオーバーライドできます。

class MyRegExp extends RegExp {
  [Symbol.split](str, limit) {
    let result = RegExp.prototype[Symbol.split].call(this, str, limit);
    return result.map(x => "(" + x + ")");
  }
}

let re = new MyRegExp('-');
let str = '2016-01-02';
let result = str.split(re); // String.prototype.split calls re[@@split].
console.log(result); // ["(2016)", "(01)", "(02)"]

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
RegExp.prototype[@@split] の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報