RegExp.prototype.dotAll

dotAll プロパティは、正規表現で "s" フラグが使用されているかどうかを示します。 dotAll は、個々の正規表現インスタンスの読み取り専用プロパティです。

RegExp.prototype.dotAll のプロパティ属性
書込可能 不可
列挙可能 不可
設定可能

説明

dotAllの値は Boolean であり、"s" フラグが使用されている場合は true 、それ以外の場合は false です。 "s" フラグは、ドット特殊文字 (".") が以下に示す行末記号 ("newline") 文字と一致することを示します。これ以外の場合は一致しません:

  • U+000A 改行 (LF) ("\n")
  • U+000D キャリッジリターン (CR) ("\r")
  • U+2028 ラインセパレーター
  • U+2029 段落区切り文字

これは事実上、ドットが基本多言語面 (BMP) のすべての文字と一致することを意味します。 アストラル文字と一致させるには、"u" (ユニコード) フラグを使用する必要があります。 両方のフラグを組み合わせて使用すると、ドットは例外なく任意のユニコード文字に一致します。

このプロパティを直接変更することはできません。

dotAllを使用する

var str1 = 'bar\nexample foo example'; 

var regex1 = new RegExp('bar.example','s');

console.log(regex1.dotAll); // Output: true

console.log(str1.replace(regex1,'')); // Output: foo example

var str2 = 'bar\nexample foo example';

var regex2 = new RegExp('bar.example');

console.log(regex2.dotAll); // Output: false

console.log(str2.replace(regex2,'')); // Output: bar
                                      //         example foo example

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
RegExp.prototype.dotAll の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
dotAllChrome 完全対応 62Edge 完全対応 79Firefox 完全対応 78IE 未対応 なしOpera 完全対応 49Safari 完全対応 12WebView Android 完全対応 62Chrome Android 完全対応 62Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 12Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 8.10.0
完全対応 8.10.0
完全対応 8.3.0
無効
無効 From version 8.3.0: this feature is behind the --harmony runtime flag.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報