browserAction.onClicked

ブラウザアクションアイコンがクリックされたときに発火します。このイベントはブラウザアクションがポップアップを持っているときは発火しません。

右クリックを定義するには、contextMenus API の"browser_action" context typeを利用してください。

書式

browser.browserAction.onClicked.addListener(listener)
browser.browserAction.onClicked.removeListener(listener)
browser.browserAction.onClicked.hasListener(listener)

イベントは3つの関数を持っています:

addListener(listener)
このイベントのリスナーを追加します。
removeListener(listener)
このイベントのリスニングを停止します。引数listenerは削除するリスナーです。
hasListener(listener)
listenerがこのイベントに登録されているかどうかを調べます。trueが返ればリスニング中です。falseが返ればそうれはありません。

addListenerの書式

パラメータ

callback

イベントが発生したときに呼び出される関数です。関数は以下の引数を渡されます:

tab
tabs.Tab. アイコンがクリックされたときにアクティブなタブです。

ブラウザ互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxOperaAndroid 版 Firefox
onClickedChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 14Firefox 完全対応 45Opera 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 55
OnClickDataChrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 完全対応 72Opera 未対応 なしFirefox Android 未対応 なし
tabChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 14Firefox 完全対応 45Opera 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 55

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

ユーザがアイコンをクリックすると、アクティブなタブではアイコンを無効にし、タブのURLをログします:

browser.browserAction.onClicked.addListener((tab) => {
  // disable the active tab
  browser.browserAction.disable(tab.id);
  // requires the "tabs" or "activeTab" permission
  console.log(tab.url);
});

Example extensions

謝辞

このAPIはChromiumのchrome.browserAction APIに基づいています。このドキュメントはChromiumコードのbrowser_action.jsonから派生したものです。

Microsoft Edgeの互換性データはMicrosoft Corporationから提供されており、Creative Commons Attribution 3.0 United States Licenseのもとにここに含まれています。