Element.releasePointerCapture()

Element インターフェイスの releasePointerCapture() メソッドは、特定の(PointerEventポインタに対して以前に設定されたポインタキャプチャを解放(停止)します。

ポインタキャプチャの説明と特定の要素に設定する方法については、Element.setPointerCapture() メソッドを参照してください。

構文

targetElement.releasePointerCapture(pointerId);

パラメーター

pointerId
PointerEvent オブジェクトの pointerId

戻り値

このメソッドは undefined を返します。

例外

例外 説明
InvalidPointerId pointerId は、どのアクティブポインタとも一致しません。

この例では、<div> を押下するとポインタキャプチャが設定されます。 これにより、ポインタをその境界の外側に移動した場合でも、要素を水平方向にスライドさせることができます。

HTML

<div id="slider">SLIDE ME</div>

CSS

div {
  width: 140px;
  height: 50px;
  display: flex;
  align-items: center;
  justify-content: center;
  background: #fbe;
}

JavaScript

function beginSliding(e) {
  slider.onpointermove = slide;
  slider.setPointerCapture(e.pointerId);
}

function stopSliding(e) {
  slider.onpointermove = null;
  slider.releasePointerCapture(e.pointerId);
}

function slide(e) {
  slider.style.transform = `translate(${e.clientX - 70}px)`;
}

const slider = document.getElementById('slider');

slider.onpointerdown = beginSliding;
slider.onpointerup = stopSliding;

結果

仕様

仕様 状態 コメント
Pointer Events – Level 2
releasePointerCapture の定義
勧告 不安定版
Pointer Events
releasePointerCapture の定義
廃止 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報