Date.prototype.getUTCMilliseconds()

getUTCMilliseconds() メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返します。

構文

dateObj.getUTCMilliseconds()

返値

協定世界時に基づき、与えられた日時の「ミリ秒」を表す 0 から 999 までの間の整数値。このメソッドは、時間部分、分部分などを提供する他のUTCベースのメソッドのコンパニオンです。このメソッドはミリ秒の部分を与えます。

Unix 元期の時刻と混同しないでください。1970/01/01からの経過ミリ秒を取得するには、".getTime()" メソッドを使用してください。

getUTCMilliseconds() の使用

次の例は、現在時刻の「ミリ秒」部を変数 milliseconds に代入します。

var today = new Date();
var milliseconds = today.getUTCMilliseconds();

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.getUTCMilliseconds の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報