Date.prototype.toUTCString()

toUTCString() メソッドは、協定世界時 (UTC) のタイムゾーンに基づき、日付を文字列へ変換します。

rfc7231ecma-262 toUTCString の改訂に基づき、 2021 版では負の数が可能になります。

構文

dateObj.toUTCString()

返値

UTC タイムゾーンに基づき、与えられた日付を表す文字列。

解説

toUTCString() から返される文字列は、 Www, dd Mmm yyyy hh:mm:ss GMT の形の文字列です。

書式文字列 説明
Www 曜日、3文字で表す (例 Sun, Mon, ...)
dd 日、必要に応じて先頭に0が付いた2桁の数字で表す
Mmm 月、3文字で表す (例 Jan, Feb, ...)
yyyy 年、必要に応じて先頭に0が付いた4桁以上の数字で表す
hh 時、必要に応じて先頭に0が付いた2桁の数字で表す
mm 分、必要に応じて先頭に0が付いた2桁の数字で表す
ss 秒、必要に応じて先頭に0が付いた2桁の数字で表す

ECMAScript 2018 以前では、返値の書式はプラットフォームによって様々です。もっとも一般的な返値は RFC-1123 形式の日付であり、これは RFC-822 形式の日付をわずかに改訂したものでした。

toUTCString() を使う

let today = new Date('Wed, 14 Jun 2017 00:00:00 PDT');
let UTCstring = today.toUTCString(); // Wed, 14 Jun 2017 07:00:00 GMT

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.toUTCString の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報