Date.prototype.setUTCHours()

setUTCHours() メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日付の「時」を設定し、協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 から更新された Date インスタンスが表す時刻までの間のミリ秒単位の数値を返します。

構文

dateObj.setUTCHours(hoursValue[, minutesValue[, secondsValue[, msValue]]])

引数

hoursValue
「時」を表す 0 から 23 までの間の整数値。
minutesValue
任意。「分」を表す 0 から 59 までの間の整数値。
secondsValue
任意。「秒」を表す 0 から 59 までの間の整数値。secondsValue 引数を指定した場合、minutesValue も指定しなければなりません。
msValue
任意。ミリ秒を表す 0 から 999 までの間の整数値。msValue 引数を指定した場合、minutesValuesecondsValue も指定しなければなりません。

戻り値

協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 から更新された日時までの間のミリ秒単位の数値。

説明

minutesValue, secondsValue および msValue 引数を指定しない場合、getUTCMinutes()getUTCSeconds()getUTCMilliseconds() メソッドから返される値が使われます。

指定した値が期待される日付の範囲外の場合、それに応じて setUTCHours()Date オブジェクトの日付情報の更新を試みます。例えば、secondsValue に 100 を指定した場合、分に 1 加算 (minutesValue + 1) され、秒が 40 になります。

setUTCHours() を使う

var theBigDay = new Date();
theBigDay.setUTCHours(8);

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.3 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.setUTCHours の定義
標準
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.setUTCHours の定義
標準
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.setUTCHours の定義
現行の標準

ブラウザの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
setUTCHoursChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 4Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報