CanvasRenderingContext2D.beginPath()

Canvas 2D API のCanvasRenderingContext2D.beginPath() メソッドは、サブパスのリストを空にすることにより新しいパスを開始します。新しいパスを作成したい場合、このメソッドを呼び出してください。

注: 新しいサブパス (つまり、現在のキャンバスの状態に一致するサブパス) を作成する場合、CanvasRenderingContext2D.moveTo()を使用できます。

構文

void ctx.beginPath();

異なるパスの作成

この例では、それぞれが1本の直線を含む2つのパスを作成します。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

beginPath() メソッドはそれぞれの線についての処理開始前に呼ばれるため、各線は別々の色で描かれるでしょう。

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// 第1のパス
ctx.beginPath();
ctx.strokeStyle = 'blue';
ctx.moveTo(20, 20);
ctx.lineTo(200, 20);
ctx.stroke();

// 第2のパス
ctx.beginPath();
ctx.strokeStyle = 'green';
ctx.moveTo(20, 20);
ctx.lineTo(120, 120);
ctx.stroke();

実行結果

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.beginPath の定義
現行の標準  

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報