Document.hasStorageAccess()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Document インターフェイスの hasStorageAccess() メソッドは、文書がファーストパーティのストレージへのアクセス権を持っているかどうかを真偽値で解決する Promise を返します。

詳しくは Storage Access API を参照してください。

構文

var promise = document.hasStorageAccess();

引数

なし。

返値

文書がファーストパーティのストレージへのアクセス権を持っているかどうかを真偽値で解決する Promise です。

Promise が解決され、関数が最初に呼び出されたときにユーザージェスチャーイベントを処理していた場合、解決ハンドラーはユーザージェスチャーが処理されているかのように実行されるため、ユーザーによるアクティベーションを必要とする API を呼び出すことができます。

document.hasStorageAccess().then(hasAccess => {
  if (hasAccess) {
    // ストレージへのアクセスはすでに許可されています。
  } else {
    // ストレージへのアクセスはまだ許可されていません。
    // requestStorageAccess() を呼び出す必要があります。
  }
});

仕様書

この API はまだ提案段階にあります。 — 標準化プロセスはまだ始まっていません。現在のところ、この API の詳細の仕様書は、アップルのブログ投稿の Introducing Storage Access API、および WHATWG HTML issue 3338 — Proposal: Storage Access API で見ることができます。

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
hasStorageAccess
実験的非標準
Chrome 完全対応 85Edge 完全対応 85Firefox 完全対応 65IE 未対応 なしOpera 完全対応 71Safari 完全対応 11.1WebView Android 完全対応 85Chrome Android 完全対応 85Firefox Android 完全対応 65
無効
完全対応 65
無効
無効 From version 65: this feature is behind the dom.storage_access.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 60Safari iOS 完全対応 11.3Samsung Internet Android 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報

Storage Access API