HTMLMediaElement.buffered

HTMLMediaElement.buffered 読み取り専用プロパティは、buffered プロパティにアクセスした時点でブラウザーがバッファリングしているメディアソースの範囲(存在する場合)を示す新しい TimeRanges オブジェクトを返します。

: この機能は Web Workers では利用できません。

構文

var timeRange = audioObject.buffered

TimeRanges オブジェクト。 このオブジェクトは正規化されています。 つまり、複数の範囲は順序付けされており、(隣接する範囲は1つの大きな範囲に折りたたまれて、)重なり合ったり、空だったり、接触していたりすることはありません。

var obj = document.createElement('video');
console.log(obj.buffered); // TimeRanges { length: 0 }

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
HTMLMediaElement.buffered の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし
HTML5
HTMLMediaElement.buffered の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
bufferedChrome 完全対応 43Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 4IE 完全対応 9Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 6WebView Android 完全対応 43Chrome Android 完全対応 43Firefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報