escape()

警告: escape() は厳密には非推奨ではありませんが (「ウェブ標準から削除された」という意味で)、ECMA-262 標準の Annex B で定義されており、その導入部には次のように書かれています。
… この付属書で規定されているすべての言語機能と動作は、1つ以上の望ましくない特性を持ち、レガシーな使用例がない場合は、この仕様から削除されます。…
… プログラマは、新しい ECMAScript コードを書くときに、これらの機能や動作の存在を使用したり、仮定したりしてはいけません。…

The escape() 関数は、特定の文字を16進数のエスケープシーケンスで置き換えた新しい文字列を計算します。

メモ: この関数は、主に URL クエリ (URL の ? に続く部分) に使われていました。 — "\xHH" の形式を使用して、ふつうの文字列リテラルをエスケープするためのものではありません。 (HHは2桁の16進数であり、より高い面の Unicode 文字には「\xHH\xHHxHH」という形式が使われます。)

文字列リテラル内のエスケープされた文字は、 \x% に置き換えてから、 decodeURIComponent() 関数を使用することで展開することができます。

構文

escape(str)

引数

str
エンコードする文字列。

返値

特定の文字がエスケープされた新しい文字列。

解説

escape 関数はグローバルオブジェクトのプロパティです。特殊文字は @*_+-./ 以外の文字が符号化されます。

文字の16進数形式として、文字コードの値が 0xFF 以下になる文字は 2 桁のエスケープシーケンス %xx が、それ以上の場合は 4 桁のエスケープシーケンス %uxxxx%uxxxx が使われます。

escape('abc123');     // "abc123"
escape('äöü');        // "%E4%F6%FC"
escape('ć');          // "%u0107"

// 特殊文字
escape('@*_+-./');    // "@*_+-./"

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
escape の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報