イメージギャラリー

JavaScript の基本的な構成要素を見てきたところで、これからたくさんのウェブサイトで見かける項目、JavaScript で動作するイメージギャラリーをつくってみることで、あなたが得た繰り返し、関数、条件とイベントの知識を試してみましょう。

前提条件: この評価を行う前に、このモジュールにある記事すべてを実施していること。
目標: JavaScript の繰り返し、関数、条件とイベントが理解できていることを確認する。

出発点

この評価を始めるために、サンプルが入っているサイトから ZIP ファイル を取得して、コンピュータのどこかに展開しておきます。

: 別の方法として, この評価を行うために JSBin や Thimble のようなサイトを使うことができます。これらのオンラインエディターに HTML、CSS、JavaScript を貼り付けることができます。利用するオンラインエディターが JavaScript/CSS パネルに分かれていなければ、 HTML ページの中の <script>/<style> 要素にそれらを貼り付けてください 。

プロジェクト概要

HTML、CSS と画像および数行の JavaScript のコードが提供されています。必要な JavaScript を書いて、これを動くプログラムにする必要があります。HTML のボディは次のようになっています:

<h1>Image gallery example</h1>

<div class="full-img">
  <img class="displayed-img" src="images/pic1.jpg">
  <div class="overlay"></div>
  <button class="dark">Darken</button>
</div>

<div class="thumb-bar">

</div>

例ではこのように見えます:

例にある CSS ファイルで最も興味深い部分:

  • full-img <div> の内側に 3 つの要素が絶対位置指定されています ー <img> にはフルサイズの画像が表示されています。その上に <img> と同じサイズになるようにサイズ調整された空の<div> が置かれています (これは半透明の背景色で画像を暗くする効果に使われます)。そして <button> は暗くする効果をコントロールするために使われます。
  • thumb-bar <div> (いわゆるサムネイル画像) 内の画像は幅を 20% に設定し、左側に浮かせて一行に並べています。

JavaScriptに必要なもの:

  • すべての画像をループさせる際、thumb-bar <div> の中にその画像を埋め込む <img> 要素を挿入します。
  • onclick ハンドラーを thumb-bar <div> の中の <img> それぞれにつけます。それをクリックしたときにその画像が displayed-img <img> 要素に表示されるようにします。
  • onclick ハンドラーを <button> につけて、クリックされたらフルサイズ画像を暗くするようにします。再度クリックすると暗くする効果を外します。

もっとアイデアを加えると、最終的な例 のようになります (ソースコードをのぞかないように!)

完成へのステップ

次のセクションですべきことを説明します。

画像をループさせる

すでに thumbBar という変数に thumb-bar <div> の参照を格納するようにしています。新しい <img> 要素を作って、その src 属性にプレースホルダーとして値 xxx をセットしてください。そして、新しい <img> 要素を thumbBar に追加してください。

必要なこと:

  1. "Looping through images" コメントの下のセクションのコードを全 5 画像をループする繰り返し処理のなかに置いて下さい — 各画像を表現する5つの数についてループするだけです。
  2. 各ループの反復で、プレースホルダー xxx の値を画像のパスに等しい文字列で置き換えてください。それぞれの場合で src 属性の値をこの値に設定します。いずれの場合も画像は画像ディレクトリーにあり、pic1.jpgpic2.jpg というようなファイル名になっています。

onclick ハンドラーをそれぞれのサムネール画像に追加する

各ループの反復で、現在の newImageonclick ハンドラーを追加する必要があります — このハンドラは現在の画像の src 属性の値を見つけます。displayed-img <img>src 属性の値をパラメータとして渡されたものの src 値へ設定します。

替わりに、サムネイルバーへ一つのイベントリスナーを追加することも出来ます。

暗くする/明るくするボタンを処理するハンドラーを書く

暗くする/明るくする <button> が残っています。btn という変数に <button>  への参照を格納するコードはすでにご紹介しています。それらに onclick ハンドラーに追加する必要があります:

  1. <button> にセットされている現在のクラス名をチェックしますーこれもまた、getAttribute() を使えば取得できます。
  2. クラス名が "dark" なら、<button> のクラスを (setAttribute() を使って) "light" に変更します。テキストも "Lighten" にします。そして、オーバーレイ <div>background-color "rgba(0,0,0,0.5)" にします。
  3. クラス名が "dark" でなければ、<button> のクラスを "dark" に変更します。テキストを "Darken" に戻します。そしてオーバーレイ <div>background-color"rgba(0,0,0,0)" にします。

次のコードは上記の 2 と 3 で示された変更を行う基本的なものです。

btn.setAttribute('class', xxx);
btn.textContent = xxx;
overlay.style.backgroundColor = xxx;

ヒントとコツ

  • HTML と CSS は全く編集する必要はありません。

課題

組織されたコースの一部としてこの評価を行う場合、採点のため先生/メンターにあなたの成果を提出してください。もし、自習なら、このエクササイズに関するディスカッションのスレッドMozilla IRC#mdn IRC チャネルで尋ねれば、採点ガイドが簡単に得られるでしょう。まずエクササイズに挑戦してください。ーごまかしても何も得られません!

このモジュール