Math.expm1()

Math.expm1() 関数は ex - 1 (x は引数、 e は自然対数の底) を返します。

構文

Math.expm1(x)

引数

x
数値です。

返値

ex - 1 (eオイラー数x は引数) を表す数値です。

解説

expm1()Math の静的メソッドであるため、生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.expm1() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.expm1() の使用

Math.expm1(-1); // -0.6321205588285577 
Math.expm1(0);  // 0
Math.expm1(1);  // 1.718281828459045

ポリフィル

これは Math.exp() 関数の助けを借りてエミュレートすることができます。

Math.expm1 = Math.expm1 || function(x) {
  return Math.exp(x) - 1;
};

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.expm1 の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
expm1Chrome 完全対応 38Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 25IE 未対応 なしOpera 完全対応 25Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 38Chrome Android 完全対応 38Firefox Android 完全対応 25Opera Android 完全対応 25Safari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 3.0nodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報