Math.log10()

Math.log10() 関数は、引数として与えた数に対して、10 を底とする対数を返します。すなわち、

x>0,Math.log10(x)=log10(x)=the uniqueysuch that10y=x\forall x > 0, \mathtt{\operatorname{Math.log10}(x)} = \log_10(x) = \text{the unique} \; y \; \text{such that} \; 10^y = x

構文

Math.log10(x)

引数

x
数値。

返り値

与えられた数値に対する底が 10 の対数。数値が負の場合、NaN が返されます。

説明

x の値が負の場合、返り値は常に NaN です。

log10()Math オブジェクトの静的メソッドのため、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.log10() として使用してください (Math オブジェクトにはコンストラクターではありません)。

この関数は Math.log(x) / Math.log(10) と等価です。log10(e) を得るときは、1 / Math.LN10 を意味する定数 Math.LOG10E を使用してください。

Math.log10() を使用する

Math.log10(2);      // 0.3010299956639812
Math.log10(1);      // 0
Math.log10(0);      // -Infinity
Math.log10(-2);     // NaN
Math.log10(100000); // 5

Polyfill

次の関数でエミュレートできます:

Math.log10 = Math.log10 || function(x) {
  return Math.log(x) / Math.LN10;
};

仕様

仕様
ECMAScript (ECMA-262)
Math.log10 の定義

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
log10Chrome 完全対応 38Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 25IE 未対応 なしOpera 完全対応 25Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 38Chrome Android 完全対応 38Firefox Android 完全対応 25Opera Android 完全対応 25Safari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 3.0nodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報