:nth-of-type()

:nth-of-type()CSS擬似クラスで、兄弟要素のグループの中で指定された型 (タグ名) の要素を、位置に基づいて選択します。

/* 兄弟の <p> 要素の中で、
   3つおきに選択 */
p:nth-of-type(4n) {
  color: lime;
}

構文

nth-of-type 擬似クラスは、要素を選択する最後から数えるパターンを表す引数を1つ取ります。

構文の詳しい説明は :nth-child を参照してください。

形式文法

:nth-of-type( <nth> )

ここで
<nth> = <an-plus-b> | even | odd

基本的な例

HTML

<div>
  <div>This element isn't counted.</div>
  <p>1st paragraph.</p>
  <p>2nd paragraph.</p>
  <div>This element isn't counted.</div>
  <p>3rd paragraph.</p>
  <p class="fancy">4th paragraph.</p>
</div>

CSS

/* 奇数の段落 */
p:nth-of-type(2n+1) {
  color: red;
}

/* 偶数の段落 */
p:nth-of-type(2n) {
  color: blue;
}

/* 最初の段落 */
p:nth-of-type(1) {
  font-weight: bold;
}

/* .fancy クラスは1番目ではなく4番目の p 要素にしかついていないので、これは効果がありません */
p.fancy:nth-of-type(1) {
  text-decoration: underline;
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
Selectors Level 4
:nth-of-type の定義
草案 親を持たない要素も該当するよう追加。
Selectors Level 3
:nth-of-type の定義
勧告 初回定義。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報