text-justify

CSS の text-justify プロパティは、要素に text-align: justify; が設定された時にテキストに適用される両端揃えの種類を設定します。

text-justify: none;
text-justify: auto;
text-justify: inter-word;
text-justify: inter-character;
text-justify: distribute; /* 非推奨の値 */
初期値auto
適用対象インラインレベルとテーブルセル要素
継承あり
計算値指定値
アニメーションの種類個別

構文

text-justify プロパティは、以下の値のリストのうち一つのキーワードで指定します。

none
テキストの両端揃えは行われません。これは text-align をまったく設定しない場合と同様の効果を持ちますが、何らかの理由で両端揃えを有効または無効にする必要があるときに便利です。
auto
ブラウザーは性能と品質の釣り合いに基づいて、テキストの言語 (例えば英語か、日本語か、中国語かなど) に最も適切なものは何かも加味して、現在の状況のために最適な種類の揃え方を選択します。これは text-justify をまったく設定しない場合に使われる既定の揃え方です。
inter-word
単語間に間隔を挿入する (事実上 word-spacing を変化させる) ことでテキストを揃えるもので、これは英語や韓国語のように、空白で単語を区切る言語に最も適しています。
inter-character
文字間に間隔を挿入する (事実上 letter-spacing を変化させる) ことでテキストを揃えるもので、これは日本語のような言語に最も適しています。
distribute
inter-character と同じ動作を見せます。この値は後方互換性のためのものです。

形式文法

auto | inter-character | inter-word | none

p {
  font-size: 1.5em;
  border: 1px solid black;
  padding: 10px;
  width: 95%;
  margin: 10px auto;
  text-align: justify;
}

.none {
  text-justify: none;
}

.auto {
  text-justify: auto;
}

.dist {
  text-justify: distribute;
}

.word {
  text-justify: inter-word;
}

.char {
  text-justify: inter-character;
}

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Text Module Level 3
text-justify の定義
草案  

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報