Upgrade-Insecure-Requests

HTTP の Upgrade-Insecure-Requests リクエストヘッダーは、暗号化および認証されたレスポンスに対するクライアントの設定を表す信号をサーバーに送信し 、upgrade-insecure-requests CSP ディレクティブを正常に処理できることを示します。

ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

Upgrade-Insecure-Requests: 1

クライアントは、次のように upgrade-insecure-requests のアップグレードメカニズムをサポートしていることをサーバーに通知します。

GET / HTTP/1.1
Host: example.com
Upgrade-Insecure-Requests: 1

これで、サーバーは安全なバージョンのサイトにリダイレクトできます。 Vary ヘッダーを使用することで、アップグレードメカニズムをサポートしていないクライアントにキャッシュからサイトが提供されなくなります。

Location: https://example.com/
Vary: Upgrade-Insecure-Requests

仕様書

仕様書 状態 コメント
Upgrade Insecure Requests
upgrade-insecure-requests の定義
勧告候補 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報