200 OK

HTTP 200 OK はリクエストが成功した場合に返すレスポンスコード。200のレスポンスはデフォルトでキャッシュしてよい。

成功したという意味はリクエストのメソッドによって異なる:

  • GET: リソースがフェッチされメッセージのボディ部で返送された。
  • HEAD: エンティティヘッダがボディ部で返送された。
  • POST: 実行された結果が記載されたリソースがボディ部で返送された。
  • TRACE: メッセージのボディ部にサーバーで受信したリクエストメッセージを含んでいる。

PUT や DELETE の成功結果は 200 OK ではなく、 204 No Content (や、リソースの初回アップロードによる作成の場合は 201 Created )である場合もある。

ステータス

200 OK

仕様

仕様 タイトル
RFC 7231, セクション 6.3.1: 200 OK Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザー互換性

BCD tables only load in the browser

参照